« 2012年7月4日 | トップページ | 2012年7月6日 »

2012年7月 5日 (木)

つか版・忠臣蔵

Tem120706

↑観に行ってきました。厚木ですよ。扉座と言えば厚木です。

どうやって行くかって小田急線ですよ。急行やら各駅から3回乗換えました。

小田急線は苦手です・・・coldsweats01

「つか版・忠臣蔵」

小説しか読んだことなかったのですが舞台版はこうなるとはー!ってかんじで、

ワクワクドキドキさせてもらいました。いやーーー楽しかったーーー!!

客席に入ると「Let The River Run」が流れていてぶわぁぁーーーっと残像が浮びあがるw

「パピヨン」とかもう!!楽しすぎるだろう!!!エレカシは反則だから!!!

「白鳥の湖」で幕があがるなんてもう!岡森さんが木村伝兵衛だし!!

伴さんのマイクパフォーマンスも流石!!タキシード姿もカッコ良かった~。

亨さんがぁーーーー亨さんがカッコ良すぎるぅーーーーーcryingcryingcrying

そしてセクシー。艶っぽくて色気があって。それに強くて、弱くて・・・。

そこかしこに横内さんからのつかさんへの愛のメッセージが溢れてました。

そうかそうか、そんなにつかさんのこと好きですかw とニヤけてしまう程にねww

つかさんなんだけど、ちゃんと扉座の公演になっていたような気がしました。

って扉座の公演を見たのって2003年の高橋一生くん主演の「夜曲」以来だと思う。

だから今回の扉座さんはいつもとこう違うってのは分かりません。

横内さんがブログで書いている通り、つか風に仕上げた扉座の本公演。

人気劇団が他の作家の演出をマネる本公演ってなかなか珍しいしスゴイことだよね。

扉座ファンの方たちは戸惑ったのかしら。つかファンにはニヤニヤしまくりで超楽しかったけどhappy01

また同じような企画を考えてるというので楽しみだなー。

つか作品がつか芝居大好きなのでいつまでもいつまでも観続けたいと心から思う。

でもやっぱりそこにはつかさんの演出を受けた人か、つかチルドレンと言われる人たちが

居てくれないと、そこは、なんか、ダメだと思うんですけどね・・・。

とにかく本当楽しかった!!

今年はつかさんの3回忌なんですね。なんかあっという間だったな・・・。

命日の7月12日にはシアターコクーンで「新・幕末純情伝」が開幕します!!!

もちろんこちらも観に行きますよー!!

予習をかねて小説「つか版・忠臣蔵」も読んだし、つか作品を2つも観れるし。

つかまみれなこの7月。とても楽しいし、とても嬉しく思ってます。

つかさんありがとー。

« 2012年7月4日 | トップページ | 2012年7月6日 »

最近のコメント

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ